メイバランスの情報をアレコレ発信しています

メイバランス大好き

効果 比較

メイバランスのカロリーは?シリーズごとにまとめました

更新日:

メイバランスのカロリーは?シリーズごとにまとめました
栄養補助食品として、様々なタイプの商品が販売されています。

今回は明治メイバランスにスポットを当てて、栄養サポート食品・飲料を紹介していきます。

メイバランスについて、興味がある方は参考になさってください。

メイバランスのカロリーは?

メイバランスのカロリーは?
まずは含有カロリーをはじめとした、メイバランスの特徴を確認するところからはじめましょう。

メイバランスは株式会社明治が販売している、栄養サポート食品・飲料の総称です。

明治は乳製品や栄養食品、菓子・アイスなどを販売しています。

メイバランスは2015年版の、日本人の食品摂取基準に沿って、栄養設計されていることが特徴的です。

2015年版の食品摂取基準では、たんぱく質や脂質、炭水化物の目標量が定められています。

具体的な食品摂取基準は、たんぱく質が13~20%、脂質が20~30%、そして炭水化物が50~65%です。

基本的にメイバランスは、1本125mlで200kcalが摂取できます。

これは、お茶碗でごはん一杯分相当の栄養に当たります。

それ以外にも、牛乳の約1.7倍のたんぱく質、レタスの75%分の食物繊維が含まれており、ミネラルやビタミンもあわせて取り入れることが可能です。

ドリンクタイプだけでなく、ゼリータイプやアイス、宅配専用の飲むヨーグルトなど、幅広いラインナップが見られます。

詳しい商品の解説は次の項目で紹介していきます。

また、メイバランスの効果についてもまとめていますので、合わせて参考にしてみてください。

<飲む>明治メイバランスは200カロリーです

<飲む>明治メイバランスは200カロリーです
はじめに紹介するのが、飲むことができるメイバランスです。

いずれの商品もカロリーは200kcalであり、基本的な成分は前の項目で紹介した通りとなっています。

メイバランスMiniカップ

メイバランスMiniカップは、独自に設計された小型カップに入ったメイバランスです。

前の項目で紹介した、パックタイプのメイバランスMiniとは異なり、当該商品はドラックストアやスーパーで購入できます。

4種のヨーグルトタイプと、7種のミルクタイプ、計11種がラインナップされています。

ヨーグルトタイプはさわやかな酸味が特徴的で、甘いものが苦手な方におすすめな商品です。

ミルクタイプにはストロベリー味や、バナナ味といったスタンダードなテイストから、コーンスープ味やフルーツオレ味など、オリジナリティあふれる風味が楽しめます。

中身が飛び出しにくく、飲みやすいストローが付属しています。

カップのまま飲む以外にも、フタを容易に開けることが可能で、コップへの移り替えもスムーズに行えます。

おいしく飲むためにも、よく振ってから摂取するようにしたいところです。

メイバランスMiniパック

メイバランスMiniパックは、紙パックに入ったドリンクタイプのメイバランスです。

コーヒー味やバナナ味、ヨーグルト味など8種類がラインナップされています。

原則的に病院や施設向けの商品であるため、店舗での取り扱いはありません。

しかし当記事作成時点で、インターネット通販で購入することは可能となっています。

メイバランス
¥3,953 (2022/10/04 11:19:29時点 Amazon調べ-詳細)

メイバランスぎゅっとMini

メイバランスぎゅっとMiniは、紙パックに入ったドリンクタイプのメイバランスです。

コーヒー味やストロベリー味の他に、ミックスフルーツ味やミルクティ味など、4種類のラインナップがあります。

原則的に病院や施設向けの商品であるため、店舗での取り扱いはありません。

しかし当記事作成時点で、インターネット通販で購入することは可能となっています。

メイバランスArgMiniカップ

メイバランスArgMiniカップは、従来のメイバランスに含まれている栄養に加え、遊離アルギニンを2.5g配合していることが特徴的な商品です。

アルギニンはアミノ酸の1種であり、アミノ酸はたんぱく質を構成しています。

アルギニンは体内で作り出せる非必須アミノ酸ですが、生成量が少ないため、不足分は食事等で補う必要があります。

アルギニンを適切に摂取することにより、成長ホルモン分泌の促進や、免疫力の向上が期待することが可能です。

飲食に問題はないが、健康上の理由から栄養補給が必要である方を対象とした商品です。

ベッド上で生活を送っている方や、食欲に衰えが見え始めた方、栄養を積極的に摂取したい方向けとなっています。

メイバランスソフトJelly

メイバランスソフトJellyは、滑らかなゼリータイプのメイバランスです。

スパウト(飲み口)がついたパック容器のため、食器を用意せずそのまま飲むことができます。

メイバランスソフトJellyには、ヨーグルト味の8つのテイストがラインナップされています。

食事量の補足や食べやすい食事、デザートでの栄養補給を望んでいる方におすすめな商品です。

以上が飲むタイプのメイバランスについてです。

次の項目では食べることができる、メイバランスに関して紹介していきます。

<食べる>明治メイバランスのカロリーはこちらです

<食べる>明治メイバランスのカロリーはこちらです
つづいてアイスやゼリーのほかに、他の食品に混ぜて摂取するメイバランスの紹介です。

食べるタイプのメイバランスに含まれるカロリーは、商品ごとに異なります。

カロリーをはじめとした栄養成分については、各メイバランスの解説を参照なさってください。

メイバランスアイス

メイバランスアイスはスーパーカップを代表する、明治のアイス技術を用いて開発されたメイバランスです。

濃厚なミルクテイストで、1個あたり80mlであり、エネルギー100kcal、たんぱく質3.7g、食物繊維が2.5g含まれています。

そのほかには亜鉛、カルシウム、鉄が配合されており、アイスであるため、食欲がなくとも摂取しやすく、デザートでの栄養補給が可能です。

1個あたりに含まれるエネルギーやたんぱく質が、飲むタイプのメイバランスと比較して少な目であるため、必要に応じて他の栄養摂取手段を講じるようにしましょう。

メイバランスカップゼリー

メイバランスゼリーはゼリータイプであり、1個あたりのエネルギーは58kcalとなっています。

エネルギーのほかに4.0gのたんぱく質、11種類のビタミン、そして12種のミネラルなどが配合されています。

味はストロベリーやバナナなど、全6種類となっています。

前の項目で紹介した、パックタイプのメイバランスMiniパックと同様に、病院・施設向けの商品です。

当記事作成時点で、ネットショップでの購入は可能ですので、気になる方はネット通販を検討してみてはいかがでしょうか。

明治
¥4,251 (2022/10/04 03:51:03時点 Amazon調べ-詳細)

メイバランスメイプロテイン

メイバランスメイプロテインは粉状のメイバランスで、飲み物や調味料、スープなどに混ぜて使用します。

メイバランスメイプロテインの1日の摂取目安は2包(12.6g)です。

メイバランスメイプロテイン1包でエネルギーが23kcal、たんぱく質が5g、そして亜鉛・鉄・カルシウムが配合されており、これらの栄養を手軽に摂取することができます。

飲み物や食品に混ぜて摂取しますが、味の変化はあまり気になりません。

混ぜる食品が高温であると、メイバランスプロテインが固まってしまうことがあるため、70度以下に冷ましてからの使用が望ましいです。

明治
¥2,355 (2022/10/03 23:38:53時点 Amazon調べ-詳細)

メイバラススムースミックス

メイバランスムースミックスは粉状のメイバランスで、飲み物に混ぜて使用します。

メイバランススムースミックスの1日の摂取目安は2包(12.6g)です。

メイバランススムースミックスはエネルギーが1包200kcal、たんぱく質が8.4g、そしてビタミン・ミネラル・微量元素・食物繊維に配慮した設計になっています。

飲み物に混ぜて摂取しますが、粉末はバニラ風味になっています。

混ぜる食品によって、固まりにくい食材もありますので、商品詳細をチェックしてくださいね。

以上が食べるタイプのメイバランスについてです。

さいごに紹介するのが、宅配限定で購入できるメイバランスに関してとなります。

宅配専用商品カロリーはこちらです

宅配専用商品カロリーはこちらです
宅配専用のメイバランスも販売されています。

当該商品を購入する場合には、明治の宅配サービスを利用しなければなりません。

インターネットで「明治 宅配」などのキーワードで検索を行えば、宅配の申し込みを行えるサイトを見つけられます。

メイバランス飲むヨーグルト

メイバランス飲むヨーグルトは1本あたり100mlで、エネルギーが100kcal含まれています。

また糖質やたんぱく質、脂質などが配合されています。

砂糖に似た甘さでありながら、半分のカロリーであるフラクトオリゴ糖がブレンドされていることも、特徴的な商品です。

まとめ

まとめ
メイバランスとはどのような商品なのか、そのラインナップを解説してきました。

メイバランスについて、理解を深められたのではないでしょうか。

メイバランスシリーズについてわかりやすくまとめると下記の通りです。

  • メイバランスは株式会社明治が販売している、栄養サポート食品・飲料の総称である
  • メイバランスには飲むタイプや食べるタイプ、宅配専用商品などがある
  • 商品によっては異なる特徴があり、ドラックストアやスーパーでは購入できない商品がある。希望の商品を見つけられないときには、インターネット通販や宅配サービスを活用するとよい

メイバランスは形状や栄養素、購入方法など異なる特徴があります。

どのメイバランスが適切かを考え、利用者・自分にあったメイバランスを購入するようにしましょう。

メイバランスの種類を比較してみました 1

高齢になって食が細くなったり、若い方でも食生活の乱れや食欲不振などで、栄養が偏ってしまうことはめずらしくありません。 そのため、近年、栄養補給食品がよく活用されるようになりました。 明治のメイバランス ...

メイバランスのカロリーは?シリーズごとにまとめました 2

栄養補助食品として、様々なタイプの商品が販売されています。 今回は明治メイバランスにスポットを当てて、栄養サポート食品・飲料を紹介していきます。 メイバランスについて、興味がある方は参考になさってくだ ...

【飲んでみた】明治メイバランスMiniのおすすめ味ランキング 3

メイバランスは、美味しく手軽に毎日の栄養バランスを整えてくれる栄養補給食品です。 どの商品も、少量で高カロリーなのが特徴です。 メイバランスには、異なるタイプの商品がいくつもあります。 こちらの記事で ...

朝食にメイバランスを飲む人が続出する理由とは? 4

食欲がない、時間がないなどという理由から、朝食をとらない人は少なくありません。 しかし最近、朝食の代わりにメイバランスを飲むという人が増えているとか。 なぜ朝食代わりにメイバランスを飲むのか、その理由 ...

-効果, 比較

Copyright© メイバランス大好き , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.